【知らなきゃ損!】amazonで5%お得に買い物する方法

こんにちは。

メガネノヒトです。

いよいよ、キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)がスタートしました!キャッシュレス決済をすると、消費増税前よりもお得にお買物が出来るとあって、各メディアでも盛んに報道がされていますね。期間は、2019年10月1日~2020年6月30日までですが、それまでは賢くお得にお買物が出来そうです。

この制度、amazonでのお買物でも適応されるケースがあります。知らずにお買い物をして損しないよう、今回は解説したいと思います。

キャッシュレス・ポイント還元事業ってなに?

事業の目的

クレジットカードや、ペイペイ・LINEペイといったキャッシュレス決済、つまり現金を使わないでお買物をすると、お得な還元を受けられますよ!という事業なんですが、なんでこんなことするの?と思いますよね。目的は大きく二つ有ると言われています。

増税後の消費の落ち込みを抑制する

2019年10月1日にスタートしたこのキャッシュレス・ポイント還元事業ですが、まさにその同日に消費税が10%に引き上げられました。過去3%から5%になった時も、5%から8%になった時も、景気は大きく冷え込みました。そりゃあそうですよね!同じ物を買うにしても価格が上がるんですから、買い控えしますよ。

今回の事業は、買い控えへの対策です。キャッシュレス決済をすることで、増税前よりも増税後の方がお得にお買物が出来ますから、買い控えしないでね!というのがこの事業の一つ目の狙いです。

オリンピックに向けてキャッシュレス決済を浸透させたい

東京オリンピックの開催は2020年の7月24日です。オリンピックは世界最大のビッグイベント。世界中から人がやってきます!

日本ではまだキャッシュレス決済が社会に浸透しているとは言えません。現金しか使えないお店はそこら中にありますもんね。ところが、世界に目を向けると、実はキャッシュレス化は日本と比較にならない程進んでいるんです。先進国はモチロンのこと、驚くべきはアフリカの国々もキャッシュレス化が進んでいる事。日本は相当遅れているんです。

「日本はいまだに現金しか使えないのかよ、遅れてるな。」

そう言われないように、オリンピックの開催をターゲットに今回の事業でキャッシュレス決済を一気に浸透させたい!これがこの事業の二つ目の狙いなんですね。

どんな良いことがあるの?

消費者にとってはプラスしか有りません。この事業の加盟店でキャッシュレス決済を行うと、買い物金額の5%分のポイントが返ってきます。

 

ペイペイでのお買物なら、使ったペイペイのポイントの5%が返ってきます。メルペイだったらメルペイのポイントが5%返ってきます。

クレジットカード決済だと?

クレカ決済の場合は、お買い物金額の5%がポイントとして付与され、支払日にポイント分が相殺されて口座引き落としになります。要するに、5%の値引きがされるという事ですね。

いつまで?

ターゲットがオリンピックということもあり、2020年6月末に終了の予定です。開始から9カ月間ですが、その間はお得にキャッシュレスでお買い物が出来るという事ですね。

本当の消費の落ち込み、買い控えは2020年の7月以降に訪れるという事でしょうか…?ちょっと怖いですね。

何はともあれ、それまでの間はこの制度を使い倒して、1円でもお得にお買物をしてやろうじゃありませんか!

加盟店になれるのは中小事業者のみ

加盟店の店頭にはこのマークが掲げられる(キャッシュレス・消費者還元事業ロゴマーク)=経済産業省

キャッシュレス・ポイント還元事業の加盟店になれるのは、従業員が50人以下か資本金が5,000万円以下の中小規模事業者だけです。大手企業からは「ふざけるんじゃねー」と反感を買っているようですが…

期間中は、加盟店でキャッシュレス決済をして、お得にお買物をしましょうね。

amazonでも還元が受けられる!?

知らなきゃ損!

意外と知らない方多いんじゃないかな?なんと、amazonでのお買物でも5%の還元を受けられる可能性が有ります。

あれ?中小規模事業者しか加盟店になれないんじゃ?

amazonさんといえば、世界でも有数の大企業ですよね。グーグル、アップル、フェイスブックと並んでGAFAなんて呼ばれてみたり、ITの巨人なんて呼ばれたりもするくらいです。従業員50人以下なんてことはあり得ないし、資本金5,000万円以下なんてことも有り得ませんよね。

当然なんですが、amazonさんは加盟店にはなれませんamazonに

amazonはネット上のショッピングモール

イオンモールをイメージして下さい。巨大な建物の中に所狭しとショップが立ち並んでいますよね。amazonはネット上で同じことをしている会社なんです。amazonマーケットプレイスという巨大な商店街の大家さんなんです。

先ほども説明した通り、amazonは世界屈指の大企業ですので加盟店にはなれません。しかし、amazonマーケットプレイスに出店している個々の出品者はそうでは有りません。大手さんも個人事業主も、玉石混淆、入り乱れての出店です。

勘のいい方はもうお分かりかもしれませんね。amazonは加盟店になれないが、出店者は加盟店になれる可能性があるわけです。amazonマーケットプレイスに出店しており、従業員が50人以下か資本金が5,000万円以下なら加盟店になる資格があるんです。

5%還元表示を見逃すな!

では、お買い物をしようとしているお店が加盟店か否かamazon上でどのように見分けたら良いのでしょうか?どうせなら加盟店からお買物したいですよね。シッカリ見分けて、5%還元を受けて、amazonで賢くお得にお買物をする方法をご紹介します。

ポイントは出品者一覧のチェック

amazonでは商品ページの事をカタログと呼びます。

amazonではこの商品ページをカタログという=アマゾンマーケットプレイス

カタログの右側には【カートに入れる】ボタンが有りますが、このボタンを押すと、amazonがオススメする出品者からの購入となってしまいます。amazonからオススメされている状態のことを「カートを取得している状態」と言います。このカタログでは、amazon本体がカートを取得していました。

ところが、amazonからの購入では先に説明した通り、5%の還元を受けることが出来ません。どうしたらいいんでしょうか?

出品者一覧を確認する

カタログの中ほどに 注目して下さい。新品の出品:37\17,700より 中古品の出品:1\15,800よりというボタンが有あると思います。

画像の赤で囲った部分、ここをクリックすると出品者一覧を見ることが出来る。=アマゾンマーケットプレイス

このボタンをクリックすると表示されるのがこの画面。

表示された出品者一覧。=アマゾンマーケットプレイス

この商品を出品している全ての出品者を確認することが出来ます。基本的には送料込みの金額が一番安い出品者から順番に表示されており、一番上にはカート取得者であるamazon本体がいますね。

上から3番目の出品者を見て下さい。17,799円で送料無料。amazonよりも99円高いものの……注目して欲しいのは左側です。

5%還元の文字はよく目立つ。これなら一目瞭然。=アマゾンマーケットプレイス

赤く囲った部分、5%還元キャッシュレス還元と書かれていますよね。この表記があるお店は事業加盟店です。ということは、ここでお買い物をすれば5%値引きされるという事です。17,799円の5%引きなので、16,900円くらいでお買い物が出来るという訳。amazon本体から購入するよりも800円もお得なんです!

モチロン、代引きではダメですよ?キャッシュレス決済でお買物してください。

おわりに

amazonがオススメする出品者から買い物をすると、損をする可能性が有ります。必ず出品者一覧で、「5%還元対象の出品者はいないか?」「5%還元された結果、カート取得者から買うよりも安いか?」これを確認するようにして下さい。

 

それでは、メガネノヒトでした!次回もお楽しみに!

質問は、随時受け付けておりますので、お問い合わせからお気軽にどうぞ。

Twitterで最新情報をチェック!
>せどりの悩みを解決する!「せどりぶ」

せどりの悩みを解決する!「せどりぶ」

副業でも専業でも。 中古でも新品でもジャンクでも!
せどりの事なら「せどりぶ」へ。

せどりは、物販の基本とよく言われます。堅実なお仕事です。
せどりは、思い立ったその日から始められます。とても手軽です。
結果はアナタ次第。文字通り“やったらやっただけ稼げる”お仕事です。

雇われるお仕事とは違い、全て自分で考えて行動です。
毎日が、決断・投資・行動の連続です。結果も責任も全て自分のモノ!
自分の手で稼ぐって凄くエキサイティングなんです!
せどりぶで学び、アナタ自身の手で自由に稼いでみて下さい。

CTR IMG